SaaS製品の選び方

SaaS製品の選び方

2010年8月20日9:00 AM

SaaS製品の選び方

自社で構築するか、SaaSを導入するか

「そもそも」の話になってしまいますが、SaaSを導入せず自社構築で済ませてしまうという選択肢もあります。

グループウェアにはオープンソースで提供されているものも存在します。
インストール用のハードウェアや多少システム用語に慣れた担当者が一人いれば運用も決して難しくありませんが、そうでない企業様もありますでしょうし、不測の事態の対応はサポートも一切ありません。

SaaSは運営業者のサーバで稼動するため、運用の負担はなく、多くの場合はサポートも充実しています。セキュリティ対策を重視しているサービスも多いため、より簡単・安全に利用することができます。

会社の業種・環境やセキュリティポリシーなどによって、自社構築かSaaSを利用するかはメリット・デメリットが異なります。

業種・事業形態で選ぶ

「グループウェア」とひとえに言いましても、営業管理機能を重視したものや、プロジェクト管理機能を重視したものなど、ある種の業務に特化したグループウェアも存在します。

スケジュール管理機能の使い勝手のみでなく、事業形態から見て効果の出せるグループウェアを検討してみてはいかがでしょうか。

発展性で選ぶ

ソフトウェアの更新頻度の高さは、常に改善・改良が行われている証です。

また掲示板などで利用者の声を常に拾い上げていたり、オープンソース化により外部の開発者の意見などを取り込んでいるグループウェアもあります。

将来的な高性能化や普及性を見込むのも、選ぶ要素のひとつと言えます。

デザイン・使いやすさで選ぶ

グループウェアはそれぞれ個性的かつ使いやすさを考慮したデザインがされています。

各グループウェアの目指す「使いやすさ」もまた方向性の違いがありますので、自分に合う服を探すように、会社の社風や業種に合うグループウェアを探してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ